学習障害、自閉症、アスペルガー症候群などの「発達障害」について

心の病気

原因は解明されていない

心身の発達に問題がないにもかかわらず、行動や認知の面で、ある特定の領域に問題が見られる障害を発達障害といいます。
たとえば、対人関係が苦手だったり、特定のものへのこだわりが強かったり、極端に不器用だったりします。

発達障害のおもなものとしては自閉症、アスペルガー症候群、学習障害などがあります。
程度の差はありますが、いくつかの症状が重複して存在することも珍しくありません。
それらの特性は成長過程で明らかになってきます。

発達障害はなぜ起こるのか、その原因ははっきりとは解明されていませんが、遺伝子の異常が関係していることはわかっています。
また、中枢神経系に器質的な障害(組織のどこかが損傷を受ける)があり、それにより認知機能に偏りが生じて、発達障害特有の状態・行動(特性)が現れると考えられています。

幼少期から現れる特徴

発達障害の特徴は幼少期から現れてきます。
現れ方は人によってさまざまで、特徴が強く現れ、幼少期の早いうちに気づく場合がある一方、時には周囲から「少し変わった子だな」などと受け取られる程度で、そのまま成長することもあります。

障害は成長しても残りますが、症状は成長するにつれて軽快していくことも多く見られます。

二次被害を避けるために早めのサポートを

文部科学省が発表した2012年の調査では、全国の公立小中学校の通常学級には発達障害(自閉症、学習障害、多動性障害=ADHD)のある児童生徒が6.5%在籍している可能性があることがわかりました。
この数字は現在ではさらに増えていると予測されます。

一般に発達障害のある子どもは、その障害の特性から、勉強や友人関係など、学校生活で困難をきたすことが少なくありません。
もし子どもの行動や言動などで気になることがあれば、不登校など二次被害を防ぐためにも、早めの対応が必要です。

保育士や教師にアドバイスをもらったり、専門の医師や臨床心理士に相談するなどして、子どもの特性にあったサポートを受けることが大切です。

おもな発達障害
発達障害は大きく4つに分けられます。

●広汎性発達障害(ASD)
●学力の特異的発達障害(学習障害)
●会話および言語の発達障害
●運動機能の特異的発達障害(運動障害)

※ 次回より、以上についてそれぞれ詳しく説明していきます。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史